外国のお友達と交流しました【6年・1年】(5/25)

<6年生>

本校ではALTの先生のご協力のもと、オーストラリアのSt Andrews Lutheran College 小学部と継続的に交流を行っています。

先日、6年生が交流をしていたのでのぞいてみました。

 

 

オンラインで教室と教室をつないでいます。ICTの力ってすごいですね。

日本とオーストラリアは時差がないので、お互いに授業中に交流できるのです。

 

6年生は昨年度も交流をしているので慣れたものです。

戸惑うことなく挨拶を交わしたり、積極的に相手に質問をしたりしていました。

 

 

6年生はオーストラリアの学校と日本の学校の共通点や相違点に気付くとともに、対話をすることでオーストラリアのお友達に親近感をもつことができました。

 
<1年生>

これまで高学年を中心に行ってきたオーストラリアとの交流ですが、今年度は、試みとして1年生も交流してみることにしました。

交流のテーマは「オーストラリアの1年生となかよくなろう」。

初めての交流なので、オーストラリアの位置から確かめました。

 

いよいよ交流です。お互いに興味津々。

オーストラリアのお友達に、日本のことを知らせたり、教室を見せたり、校歌を歌って聞かせたりすることができました。

 

 

1年生にとって、よい経験となりました。

最後にオーストラリア側から送られてきた写真をご紹介します。

 

向こうの教室から見た附属小学校の様子です。

楽しい様子が伝わります。

6年生のように英語を話したり理解したりすることはできませんが、笑顔や歌やジェスチャーで心はつながるのですね。

 

準備をしてくださったALTの先生、St Andrews Lutheran College 小学部の先生、

ありがとうございました。

Thank you so much !