修学旅行だより・その2(10/18)【6年】

午前中、6年生は淡路島に向かい、

「野島断層保存館」や「北端震災記念公園」を見学しました。

 

「野島断層保存館」では、

1995年に発生した阪神淡路大震災のスケールの大きさや地震発生の仕組みなどを、

実際の断層を見ながら体感しました。

  

 

「北淡震災記念公園」での語り部講話では、

地震を体験された方から直接お話をうかがうことで、

減災の必要性や人の命の大切さについて考えました。

  

 

必ず起こるといわれている南海トラフ地震。

いざというときに備えるためにも、

阪神淡路大震災や東日本大震災の記憶を風化させてはいけませんね。

よい学習となりました。