EPKPとは!?(10/15)【3年】

3年星組が「くすのき学習」の一環でパン屋さんへ探検に行ったことを

6/24の日記でお知らせしましたよね。→詳しくはこちらをクリック

 

その後も交流を続けていた子どもたち。

ふと、お店にこんな看板があることを見付けました。

 

「EPKPって何のこと?」

「えひめパン王国プロジェクトって何だろう?」

「だれが、なぜ始めたの?」・・・などなど。

 

子どもたちの疑問に答えるため、お店の社長さんが教室に来てくださいました。

  

 

「EPKP」は「えひめパン王国(キングダム)プロジェクト」のことだそうです。

愛媛県は人口1人あたりのパン屋さんの数がなんと「日本一」なのです。

そこで、パン屋さんが多いことを全国にアピールし、

香川県が「讃岐うどんめぐり」で有名になったように、

愛媛県で「パン屋さんめぐり」ができたらいいなと考えて、

社長さんがプロジェクトを考えつき、目下、いろいろな方に投げかけているのだそうです。

 

  

授業の最後に子どもたちに感想を聞いてみました。

「パン屋さんが愛媛県で多いことがわかりました。」

「身近な人にもパン屋さんが日本一多いことを伝えたい。」

「EPKPを通じて観光が盛んになったらいいな。」

・・・と言った声が聞かれました。

 

今後も、3年星組では、「くすのき学習」の中でEPKPに関して

自分たちができることを考えていくそうです。

ふかふかの米粉パンのように、子どもたちの夢もふくらんでいます。