スクールカウンセラーより

 このたびは、新型コロナウイルス感染症対策で突然の臨時休校となり、保護者のみなさまにおかれましては、ご心配とご不安なお気持ちで年度末を迎えておられることとお察しいたします。楽しみにしていた行事が中止になり、急にお友達と会えなくなって、がっかりしたり悲しい気持ちになったりしているお子様もいらっしゃると思います。予期せぬ出来事や見通しの立たないストレス状況下で誰にでも起こりうる反応とその対応方法について、国内の心理・医療関連団体が下記のHPにて情報公開しています。子どもさんの安心と安全を確保するために、また、保護者のみなさまの心身のご健康のためにも、ぜひご活用ください。
 一般社団法人 日本心理臨床学会 支援活動委員会  https://www.ajcp.info/heart311/
 一般社団法人 日本臨床心理士会(3団体共同メッセージ) http://www.jsccp.jp/info/infonews/detail?no=698
 今年度も附属小学校のスクールカウンセリング活動場面では、児童のみなさまの朗らかな笑顔に、保護者のみなさまの温かく真摯なお心に、たくさんの勇気と元気をいただきました。残念ながら、今は学校でみなさまにお会いすることが叶いませんが、ご家族で過ごすこのお休みの日々が、少しでも心安らぐ時間となりますように。「世界でもっとも幸せな国」と言われる北欧デンマーク由来の『ヒュッゲ(満ち足りること、満足できる暮らし)』スタイルには、ヒントがいっぱいつまっています。シンプルな幸せをつくるヒュッゲのルール10か条を最後にご紹介させていただきます。

1.雰囲気:部屋の明るさはほのかに。

2.「今」「ここ」:スマホの電源を切って「今ここ」に集中しよう。

3.お楽しみ:コーヒー、チョコレート、ケーキetc……あなたの大好きなものは?

4.公平・平等:時間と家事はシェアして。

5.感謝:「ありがとう」と言って受け取ろう。

6.調和:勝負や成功をひけらかすのはかっこ悪い。

7.気楽さ:ひと休みして、リラックス。

8.平和:波風立てるのはやめよう。ややこしい話はまた今度。

9.一体感:相手との間にどんな物語がありますか?

10.安らぎ:穏やかで不安のない場所を大切に。

(マイク・ヴァイキング(著)『THE LITTLE BOOK OF HYGGE 365日「シンプルな幸せ」のつくり方』 より) 

スクールカウンセラー 信原真紀(のぶはらまき)