附属小学校の校庭・校歌

本校の校庭や校歌を紹介します

イチョウ並木から校舎を望む

イチョウ並木から学校を望む。右手から北校舎、中校舎、クスノキの影で見えませんが、南校舎になっています。中校舎には、パソコンルームや音楽室、図画室、図書室、理科室、家庭科室と主として特別教室が並んでいます。 


三つの泉
「三つの泉」知情意を根源とする「親の愛、先生の愛、友達への愛」を表しています。像の下にあるコンパスは「正しく考える(知)」、ハープは「美しい者を感じる豊かな心(情)」、ハンマーは「どんなことにもくじけずがんばる力強い意志(意)」を表し、二人の子どもを支える三つの輪が、三つの愛をかたどったものです。


なかよく すすんで やりぬく
「なかよく すすんで やりぬく」は本校の校訓です。三つの誓いの歌があり、行事の中で校歌とともによく歌われます。

愛媛大学教育学部附属小学校校歌
梶原 光男作詞 平井 康三郎作曲
朝風かおる山脈を
仰いできょうもはつらつと
ひとみあかるく学ぶ学園
われらの付属小学校
希望の窓が陽に光る
おおしくそびゆ城のように
仲よしこよしがっちりと
あすの日本を築く学園
われらの付属小学校
理想の花がさきにおう 
koka.mp3

シンボルツリークスノキ
本校のシンボルツリーのクスノキです。運動会練習の時などは、とても気持ちの良い木陰を提供してくれます。このクスノキのてっぺんには「ふっくん」「ふっちゃん」という妖精が住んでいて、良いことをすると子どもの赤十字バッチを光らせるという言い伝えがあります。

よく学び よく遊べ
正門を入ると、子どもたちの目に飛び込んでくるのがこの石碑です。「よく学び、よく遊べ」は、親や教師の子どもに向けた願いです。その言葉通り、自然あふれる校庭で、毎日ドロドロになって遊ぶ子どもたちの姿が見られます。

生き物の宝庫 観察池
本校の観察池は、生き物の宝庫です。亀やザリガニ、メダカ、フナ、ウシガエル、トンボ……。飼育小屋には、ウサギもいます。時には池の魚を狙ってサギも飛来します。

ズッコケランドとドリームパラダイス
「ズッコケランド」は、プールを作ったときに出た土などを積み上げてできた小高い丘です。休み時間には子どもたちが駆け上がったり駆け下りたりし、虫取りの時期には虫網を持った子どもたちが昆虫を追いかけています。
そんな子どもたちの格好の遊び場に、創立130周年を記念して遊具が設置されました。この遊具の名称は、子どもたちから募った結果「ドリームパラダイス」になりました。子どもたちには「ドリパラ」と呼ばれています。
新しい遊具ができたズッコケランドは、ますます子どもたちに人気の遊び場となっています。